こんにちは!
いつもいいねやコメントありがとうございます!

昨日の記事にコメントをありがとうございます(*´ω`*)
私のネタバレであわや炎上騒ぎかと・・・(笑)


では早速
母の物語~その1~の続きをどうぞ。

※引き続き聞いた話なので
細かいところは曖昧です。

※今回、病気に対してネガティブな表現が
あります。ご了承ください。


 
『の』が多い。

病院に到着し
検査をしたお医者さんは顔色を変えました。

 
 

病名は
『ウイルス性心筋症』
(ウイルス性心筋炎とも言う)

ウイルス感染が原因で起こる心筋の炎症。
風邪症状が特徴で、軽症ですむ場合から
死にいたる重症なものまである。
 
症状としては
発熱、せき、倦怠感などのかぜ症状
吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状
動悸、胸痛、不整脈、呼吸困難
チアノーゼ、むくみ、痙攣、失神などがある。
時に短期間で急激に悪化し、心不全で死亡したり
重度な不整脈で突然死を起こすこともある。


引用元→日本心臓財団

もの言えぬ乳児の異常に
よくぞ気付いたものだと思います。

そして、母が出産した病院が
設備の整った大きな市民病院じゃなかったら
とりあえず風邪だと診断されていたかも
しれません。

 
 父親がオバサンみたいですが
近藤真彦ヘアーです(笑)

私の病状は
40度を超える高熱が続き
助かったとしても
脳になにかしらの障がいが残る
可能性もあると言われていたそうです。


連日病院に泊まり込みでの看病に
肉体的にも精神的にも疲れ果てた母。
 
  
 その病気については
次回ダイジェスト的に書こうと思います。
とは言っても入院するような大病は
これっきり!
 
次に入院するのは親知らずを抜く時です(笑)


余談ですが
当時の主治医が私の病気(ウイルス性心筋症)を
学会か何かで発表したらしく・・・


お医者様の世界はよく知りませんが
珍しい症例だったようです。

ちなみに治った後
心臓に異常が発生した事は
ないです!

ただ
「お前の心臓には毛が生えてるのか」
とは言われますけどね!

 強くなってるぅぅ!!

それでは!
次回もう少しだけお付き合いください!