ママブロネタ「出産」からの投稿


★本文はここから★

第一話 出産の思い出 ~妊娠編~
第二話 出産の思い出 ~妊娠生活から出産へ~ のつづきです



促進剤と言っても、最初は子宮口を柔らかくする薬を6回に分けて飲み

それで陣痛がなければ翌日から陣痛誘発の薬を点滴投与します。


お昼前に入院してから夜までは食事もしっかり食べて余裕に過ごしておりました






薬の影響なのかはわかりませんが急激な吐き気に襲われ

そして腰と背中の痛みが始まりました

どうやら陣痛が腰にくるタイプだそうで

お腹が痛くなるものだとばかり思っていたので

この痛みが陣痛だと気付くのに少々時間がかかりました。

しかも最初から激痛&感覚が短いという鬼の所業…



午後10時頃に痛みを感じてから

2時間が経過した頃、少し離れた場所から女性の声が聞こえ





「あ~まさに出産するところかな~、同じ誕生日になるのかな~?」

なんて思う余裕もこの頃はまだありました(ギリギリ)





赤ちゃんの声を聞いて「私も頑張ろう」と思いましたが

その間も痛みは強くなるばかり!


元々『これから生みますよ!』となった時に家族に来てもらうつもりだったのですが

想像以上の痛みに一人で耐えられる気がしなくなったので

AM3時頃に旦那と実母に電話をかけました。


ここまで5時間頑張っていますが、子宮口は1cm程度しか開いていませんでしたヽ(;´Д`)ノ


そして電話してから1時間程で旦那と母が一緒に登場




とても心細かった一人の戦いもとりあえず終わる…

と少し気持ちが楽になったのですが







束の間でした\(^o^)/



思ったより長くなってしまったので…

次回最終回です!





旦那元気で留守がいいってホントだなぁ…(ボソッ

(笑)